琉球切手の買取と価値

公開日: : 切手買取 , ,

「琉球切手とはどんな切手?」

琉球切手はアメリカ軍の統治下であった1945年から本土復帰までの沖縄で使用されていた切手で、別名として沖縄切手とも呼ばれています。
1948年からは琉球郵便の表示が入った独自デザインの琉球切手が発行されており「政府立公園」「海洋」「民俗行事」「天然記念物」などのシリーズがあります。
琉球切手は、沖縄の独自の文化を反映したデザインが多いことから非常に人気が高く、当時は外貨獲得に大きく貢献していましたが、沖縄の本土復帰に伴い1972年に使用が停止されました。
アメリカ統治下にあったことから、ドル(セント)の金額表示の切手があることから世界中の切手コレクターが使用しているスコットカタログでは、琉球切手はアメリカ切手の一部として掲載されています。
また、1945年から1946年の間に久米島で暫定的に発行された臨時切手ある「久米島切手」と呼ばれる郵政当局無許可の切手なども存在します。

本土復帰によって今後の発行がなくなることから、投機目的で琉球切手を求める人が多く現れ、実際の額面とかけ離れた高額な値段で取引されるなどしたが、1973年には大暴落して、大きな損失を抱えてしまう者が続出し、社会問題にも発展しています。ちなみに現在では正常な評価額に落ち着いています。

 

「買取価格の高い琉球切手とは?」

琉球切手の中で高額で買取される切手をご紹介しす。
まずは単品(バラ)でも価値が高いと言われている琉球切手が「沖縄 改訂加刷100円」「西表政府立公園」「はと航空8円」「1952年琉球政府樹立」などです。
これらの切手は売り先や時期などにもよりますが、1万円以上の価格で買取されるプレミア切手と言われています。
額面以上の価格となるプレミア切手は1958年以前に発行されたものが多いですね。

また、通常の切手以外にも琉球切手にはエラー切手と呼ばれる印刷ミスなどで通常と違ったデザイン切手がなぜが多く存在します。
オークションなどでは「琉球大学開校記念」「天女航空加刷」などのエラー切手が数多く出品されていて、これらは通常の「琉球大学開校記念」などよりも高額で取引されています。

※「西表政府立公園」は不発行切手の一つですが、通貨確認証紙として使用されていたり、廃棄処分となった際に横流しされていたことから、不発行切手でありながら買取市場にかなり流通している切手です。
ちなみに琉球切手の不発行切手はその他に「平良市・下地町合併記念」「日米琉同記念植樹祭記念3セント」があります。
続いては紹介するのは「第1次普通切手」「第2次普通切手」「琉球文化財シリーズ」などのシリーズ切手です。これらの切手は1円、2円、5円など数種類の切手が同シリーズとして発行されており、その全種が揃った状態であれば高額な買取価格で買取してもらえる可能性が非常に高い切手となります。特に「第1次普通切手」は初版と再版の2種類があり、紙の色がグレーの初版であれば、琉球切手の中でトップクラスの高額な切手と言われています。

琉球切手のボストークアルバムの価格は、全ての切手が未使用で揃っている状態であれば、保存状態にもよりますが、数十万円以上の価格で買取されています。
ただ先に述べた「沖縄 改訂加刷100円」が発行枚数が一万枚と非常に少なく未使用品は二千枚前後と言われていることから、手に入れるのは非常に困難な為、全てが揃ったボストークアルバムは殆ど市場にでてこないと言われています。
よくオークションなどで完品と言われるアルバムが出品されていますが、ほとんどアルバムが「沖縄 改訂加刷100円」と「第1次普通切手 初版」が偽物のものが多いと言われています。
「琉球切手を売るならどうしたらいい?」

基本時に日本切手はどんなに古い切手でも額面以下にはならないので、金券ショップなどでは未使用の切手であれば、額面の70%~80%くらいの金額で買取をしてくれます。
しかし、アメリカの統治下であったことから琉球切手には額面が¢(セント)によるものが多く金券ショップなどでは外国切手扱いで、買取不可となることがあります。
その為、琉球切手を売る時は、オークションに出品するか、切手の価値がわかる切手専門の買取店に売るのが正解と言えます。

ただ買取店に売却する場合は、まずある程度は売る予定の琉球切手の価値をネットなどで確認しておきましょう。これは、買取店などは無知な客には低価格な価格を提示してくることが多いからです。
オークションなどに出すさいは、少しでも状態が良く見えるように写真を撮ることが重要になってきます。アップ画像だけでなく裏面のノリの状態などもしっかりと撮影して掲載しましょう。

 

関連記事

no image

切手買取におけるおすすめの買取方法について

切手買取に限らずですが、買取を依頼する際には店頭買取、宅配買取、出張買取の三種類があります。

記事を読む

no image

切手の状態が買取価格を左右する

こんにちは。 さて、今回は切手買取において切手の状態がどのように影響するのかを紹介します。

記事を読む

no image

価値の高い普通切手?

日本の普通切手にも価値の高い切手は存在しています。 特に明治、大正時代の普通切手は価値の高い切

記事を読む

no image

記念切手見返り美人を買取してもらいました

切手買取を依頼した際に売った切手の1つに、日本の記念切手で最も有名といって過言ではない【見返り美人】

記事を読む

no image

意外な切手の存在と買取情報

意外な切手も買取できます 普通切手、記念切手、中国切手、特殊切手など切手には様々な種類がありますが

記事を読む

no image

赤猿という切手を買取してもらいました。

切手の買取を依頼した際に、「赤猿」という切手を買取してもらいました。 「赤猿」という切手は中国

記事を読む

no image

月に雁という切手を買取してもらいました

今回は買取してもらった切手の1つである、日本切手「月に雁」を買取してもらった事をお話しします。

記事を読む

no image

切手のコレクターが切手を集める理由

切手に全く興味のない人からすると、切手をコレクションする人は不思議に感じませんか? 私もそうで

記事を読む

no image

ふるさと切手について

ふるさと切手とはふるさとを題材とする切手シリーズのことで、1989年より発行されています。 発行当

記事を読む

no image
価値の高い普通切手?

日本の普通切手にも価値の高い切手は存在しています。 特に明治、大

no image
ふるさと切手について

ふるさと切手とはふるさとを題材とする切手シリーズのことで、1989年よ

no image
意外な切手の存在と買取情報

意外な切手も買取できます 普通切手、記念切手、中国切手、特殊切手など

no image
琉球切手の買取と価値

「琉球切手とはどんな切手?」 琉球切手はアメリカ軍の統治下であっ

no image
切手のコレクターが切手を集める理由

切手に全く興味のない人からすると、切手をコレクションする人は不思議に感

→もっと見る

PAGE TOP ↑